赤ちゃんができない?
こんな場合は不妊症かも?

 1人で悩んでませんか?
もう1人で悩まないで下さいね!

 不妊の原因を学ぼう
不妊には様々な原因があります

 不妊の検査を受けよう
検査で原因を確かめましょう・・・

 治療方法を知ろう
治療方法についてやさしく解説

 治療の費用はどれ位?
不妊治療の費用ははどれくらい?

 先輩から応援メッセージ
これから治療を始めようという方へ

 病院選びアンケート結果
信頼できる病院選びのために

検査を受ければ、多くの場合、赤ちゃんができにくい原因がわかります。それにより、ご夫婦がこの先どうすればいいのか、医師から説明をしてもらえます。

不妊の検査には、ほとんど保険が効きますので、費用もそれほどかかりませんので、「もしかしたら不妊症かも?」と感じたら、検査だけでも早めに受けることをお勧めします。

〜不妊原因を見つけるために〜

  1. 基礎体温の測定
    (排卵日の予測・黄体機能不全の有無)

  2. ホルモン検査
    (黄体機能不全や高プロラクチン血症の有無)

  3. 超音波検査
    (子宮内膜の厚さ・子宮筋腫、子宮内膜ポリープ)

  4. 頚管粘液検査
    (頚管粘液不全の有無・排卵日の予測)

  5. フーナーテスト
    (頚管粘液中の精子数や運動性の検査・抗精子抗体の有無)

  6. 子宮卵管造影検査
    (子宮の形と卵管の通気性の検査)

  7. 精液検査
    (精子の異常の有無)

Copyright(C) 2014 不妊治療をはじめよう. All Rights reserved.